ABOUT

テックヒルズとは?

TECH HILLS(テックヒルズ)は、
CROOZが開催する大規模なテックカンファレンスです。

近年IT技術の変化が激しい時代になり、
様々なプロダクトが生まれてきました。
我々サービスを提供する側は、
いかにしてユーザーに夢中になってもらえるか考え、

プロダクトを成長させるべく技術を日々、
追求し続けてしています。

そんな技術者たちが次世代技術の可能性を追求していくためのイベントとしてテックヒルズ
を開催しています。今後も「テックヒルズ」というコミュニティを常に最先端技術を追い求
めているエンジニアに対し、鮮度の高い情報や課題、対策について情報共有する場として、
IT業界全体の発展を寄与していきたいと考えております。

EVENT

過去のイベント

テックヒルズでは過去10回オフラインでのイベントを開催致しました。

技術者たちが次世代技術の可能性を追求していくためのイベントとして、テックヒルズを開催していました。各社の技術をプレゼン、パネルディスカッション形式で共有を行い、技術者にとって可能性を見出していただく場として、多くの方に参加いただき開催することができていました。

開催回数

10

過去参加人数

3160

参加者満足度

98

PROGRAM

プログラム

第11回 TECHHILLS

クロスプラットフォーム開発2022
-Flutter・React Nativeの導入と実践-

第11回目となるテックヒルズ-

今回はクロスプラットフォーム開発という大テーマで各社が取り組んだ「Flutter」「ReactNative」の導入検証をします!

CTOやPM・メンバークラスそれぞれの視点でクロスプラットフォームの導入経緯や技術選定プロセス、開発ノウハウや困ったこと、テスト手法、チームビルディングなど、 クロスプラットフォームに関するtipsを得る勉強会です。

【登壇内容(一部)】

・ネイティブアプリエンジニアがクロスプラットフォーム開発に挑戦した際に苦戦したポイント
・Flutterへの大規模リプレイスに挑戦した話
・Flutterで開発初期に導入しておきたいこと
・日本語ドキュメントが少ないFlutterでどう体系的に知識をつけていったか
・React Nativeでコンポーネント設計と状態管理に悩んだ話
・React Native for Webでのアプリ開発の成功と失敗 etc.

※参加用URLは申込者に対しTECHPLAYページ上にて当日までに表示されます。

19:00 19:10

オープニング

19:10 19:30

menuのReact NativeエンジニアがFlutterに入門してみてわかったこと

menu株式会社 アプリ開発チーム EM 林 晃一郎

新卒で都内ベンチャー企業へ入社。その後2020年レアゾンHDへ入社し、React Nativeを用いたmenuアプリ開発に従事する。現在は開発の傍ら、アプリ開発チームのマネジメントを行う。

19:30 19:50

年間300万人が利用するファッション通販アプリをFlutterでリプレイスした話

クルーズ株式会社 執行役員 最高技術責任者 / CTO 鈴木 優一

1983年生まれ。2008年にモバイルコンテンツプロバイダに入社後、マーケティング部門、システム開発部門でシステム企画・プロジェクトマネジメント業務に従事、2012年クルーズ株式会社に入社。入社後は技術統括部門の責任者として全社の開発平準化や採用技術選定、アーキテクト業務に従事のほか、品質管理部門やCS部門、人材育成部門の運営に携わる。2015年に執行役員就任。現在は最高技術責任者CTOとして、グループのIT技術・セキュリティ分野全般を担当する。

19:50 20:10

大規模な「じゃらんnet」アプリを段階的にFlutter化している話

株式会社リクルート 「じゃらんnet」アプリ Flutter開発チームリーダー 桐山 圭祐

2019年にリクルート新卒入社。「じゃらんnet」アプリのFlutter開発チームでリーダーを担当。
Flutterを用いた「じゃらんnet」アプリのリプレイス/運用/保守を推進。

20:10 20:35

オープンセッション
モデレーター:まつもと ゆきひろ氏

プログラミング言語Rubyの生みの親。株式会社ネットワーク応用通信研究所フェロー、Rubyアソシエーション理事長、株式会社ZOZO技術顧問、Linkers株式会社技術顧問。Ruby開発の功績から島根県松江市名誉市民にも選出される。 1995年株式会社トヨタケーラム(現:トヨタシステムズ)在籍時にオブジェクト指向スクリプト言語Rubyを公開し、その後2004年に発表されたRuby on Railsの流行に伴い日本国外にも普及した。

20:30 20:35

終わりに

SPONSOR

協賛企業

CROOZ DEVELOPMENT

CROOZの開発について